医療機器メーカーへの就職転職のすすめブログ

医療機器メーカーに5回転職した経験から、医療機器業界の話と転職ノウハウをご紹介します!

【志望動機の前段階】タバコを吸う人はニオイに気を付けて

こんにちは! ジャックです。

医療機器メーカーに5回転職した経験をもとに、医療機器業界の転職(就職)のノウハウをお伝えします。

 

今回は、医療機器の営業職、商品企画職、開発職を志望する方向けのアドバイスです。

 

大学病院、公立病院、一般病院、診療所などで医療機器を購入するときは、医師が購入の権限をもっています。(大きな病院だと事務方に権限があるときもあります。)

f:id:JackWhite:20190320002215j:plain

 

病院の医師は非常に多忙です。特に、大学病院の外科医は、診察、手術、論文の執筆、学生の指導など、いつ寝ているのかなと思う医師もいます。

外科医は体が強くないと務まらない、とてもハードな仕事です。

 

そんな多忙な医師に、初めて医療機器を売り込むとき、初めて共同開発のお願いをするとき、第1印象は大事です。最近は、女性の医師も増えてきたので、特に、大事です。

 

ここで、クイズです。

第1印象でNG(医師に嫌われる)なのはどれでしょう?

 ①革靴の手入れを怠っていて、汚れてて艶がない。

 ②5年前に買ったスーツを着ているので、スーツがくたびれている。

 ③食事をした後、コーヒータイムの後は、たばこを吸うのが日課である。

答えは③です。

 

①と②は身だしなみ的にだらしない印象になりますが、NGまでにはなりません。

一方、③は忙しい医師と立ち話をするとき(医局(医師がデスクワークする部屋)前の廊下や、学会(医師が論文を発表するコニュニティー)会場の通路)に、距離が近くなるので、確実にタバコのにおいがして、医師をイラっとさせます。

特に、最近、タバコを吸わない医師は増えましたからね。

f:id:JackWhite:20190320002458j:plain

他人のタバコのニオイは、とても嫌ですよね。

とくに、コーヒーとタバコが合わさったニオイはアウトですね。

ジャックは20年前にタバコをやめてから、他人のタバコのニオイに敏感になりました。

 

医療機器営業は、医師との面会までの待ち時間が長くなることが多々あるので、その間に、タバコを吸う人がちらほらいます。

そして、そのまま、医師と面会して、不快に気持ちにさせてしまう。。。

 f:id:JackWhite:20190320002707j:plain

 

最近、スメハラという言葉があるくらい、ニオイは重要になってきています。

タバコを吸っている方は、どちらかを実行したほうがいいですよ。

①タバコを止める。

②タバコはやめれないので、ニコチンの少ないタバコを吸い、面会前にガムをかむようにする。

 

なお、電子タバコも独特なニオイがするので、辞められそうな人は辞めた方がいいですよ。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、医療機器業界の情報を紹介しますね。